Menu

My Works
- TTL Pong
- Simple AVR DDS
- DSP プリセットラジオ
- 電動式 CVCC 電源装置
- OLED MP3 プレーヤ
- 電子メトロノーム
- 簡易 SD ロガー
- etc.

Report
- MIDI のハードウェア
- aitendo DSPラジオ一覧表
- etc.

Parts Collection
- Logic ICs
- Calculator LSIs
- etc.

Blog

Recent Updates

17/08/03
- Logic IC Collection

17/06/17
- Logic IC Collection

17/04/05
- Logic IC Collection
- MSM100
- MSL1200

17/03/23
- Logic IC Collection
- 英国郵便局規格TTL

16/09/23
- Logic IC Collection
- 沖電気 MSM500 シリーズ

16/08/21
- Logic IC Collection

16/08/03
- Calculator LSIs

16/04/03
- Logic IC Collection
- Calculator LSIs

16/03/16
- Logic IC Collection
- USSR IC Logo

16/03/13
- MAX232のチャージポンプ

16/01/22
- Simple AVR DDS

16/01/19
- 中国規格ロジック IC


The Logic IC Collection

初版公開:2014/10/25
最終更新: 2017/08/03


もちろん日本でも多数の半導体メーカが 74シリーズ や 4000B 互換の汎用ロジック IC を生産していました。Philips や RCA などからの技術供与で始まった日本の半導体製造ですが、その初期のものは、欧米のものとは違った趣があります。

ほぼ全メーカ揃ったのですが、1 社だけ、日本電子の IC は実物を見たことがありません。1960 年代に 7400N シリーズの互換品を製造していた記録があるのですが…。→などと書いていたら、読者の方から写真を見せていただく機会がありました!ありがたいことに掲載許可を頂いたので、本ページに載せています。

日本メーカ編 [Japanese Manufacturers]

Toshiba

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
TD1401P (1960s)
TD3400P (1970s-)
- TC74HC00P TC4001BP ◎TC7400BP
◎TC40H000P
◎TC5000P
◎TD3500P

1960 年代からのモノリシック IC 製造の歴史を持ち、現在、日本では日立と並んで最も多く目にするメーカだと思います。日立・東芝どちらも、半導体製造は RCA の技術をもとにしているそうです。デジタル IC においては「CMOS (C2MOS = Clocked CMOS)の東芝」という印象があります。Clocked CMOS は Clocked Inverter を基本回路としており、当時の CMOS としては高集積である特徴があり、早期から CMOS MSI の市販をしていました。最近まで DIP の汎用ロジックを製造しており、秋葉原のラジオデパートあたりで「74HCxxください」というと、かなりの確率で東芝が出てきます。

アナログ集積回路は RCA のセカンドソースが始まりですが、デジタル集積回路は 1960 年代後半、TI 社 TTL のセカンドソース (TD1401P シリーズ) と Sylvania 社 TTL のセカンドソース (TD1220P シリーズ) が始まりです。現在では東芝の汎用ロジック IC は CMOS のみのラインナップで、74LS シリーズなどの比較的新しい TTL IC は製造していません。

標準的なロジックファミリのほかに、東芝は 74 シリーズとピン互換の CMOS ファミリを古くから用意していました。TC7400B シリーズは (TC7404UBP 以外) 4000B 相当の電気的特性であり、NS の MM74C と同様のシリーズです (B シリーズ以前は電気的特性が異なる)。TC40H000 シリーズは Vcc=2.0-8.0V で、4000B より高速・74 シリーズピン互換という初期の高速 CMOS ファミリで、74HC シリーズの登場以前はそれなりに使われていました。

TTL

TD1406P/1960年代?
これは 7450 互換品です。TTL ロジックの初期、70 年代はじめまで東芝は 1400 番台の型番 (TD1401P シリーズ) で SN74N シリーズ互換品を製造していました。
パッケージはモトローラの PDIP を参考にしたようで、背面に凸凹のある独特のものになっています。
こういうひらがな・カタカナの製造記号は当時の他の東芝製半導体にもみられます。

(参考)

TD3400P/1970年代
TD3400P シリーズは、TD1401P シリーズより後に作られたスタンダード TTL です。TD1401P シリーズと被るものは新規製品ではなく「型番変更」の扱いになっています。
これは 7400 互換品で「A」 無しの初期型です。

TD3400P/1973年以前
この頃だけ流線型のパッケージを採用しています。
(参考)

TD3400AP/1973
TD3400P -> TD3400AP に型番変更されます。

TD3502AP = 4-Bit Digital Comparator/1979
TD3500 シリーズは東芝独自の TTL ファミリです。MSI 中心に数種類のラインナップを持ちます。

TD3504AP = Decade Counter/1979
DIP8 の TTL IC はすこし珍しいです。

TD3400AP/1982

CMOS

TC7410P/1973
東芝は比較的早期(1972 年)から CMOS ロジック IC を製造しています。
東芝オリジナルの TC7400 シリーズは、74 シリーズとピンコンパチで CMOS 4000 シリーズ相当の電気的特性を持つロジック IC です。
じつは TC4000 シリーズより前に発表されていますが、CMOS の主流が RCA 4000 シリーズになることは東芝も早期からわかっており、かなり限られたラインナップを発表したのみとなっています。
ちょうど、NS 社の MM74C シリーズ相当品ということになりますが、TC7404P の電源電圧範囲など異なる点もいくつかあります。
写真は 1973 年製造と B シリーズ以前の製品で、流線型のパッケージをしています。

TC4510P/1974
「B シリーズ」以前の TC4000 シリーズです。この頃の CMOS は製造数がそれほど多くないため、現存数は少ない気がします。

TC4012P/1976
1976 年頃よりパッケージ形状が変わります。

TC4001BP/1981
東芝の汎用 CMOS は 1978 年4月より「B シリーズ」に切り替わっています。

TC7400BP/1979

TC4001BP/1986

TC4001BP/1987

TC4001BP/1994

TC7400BP/1993
デートコードより 1993 年製造とわかります。マイナーな TC7400 シリーズ も意外と遅くまで製造していたのですね。

HS-CMOS

TC40H000P/1983
TC40H シリーズは 1979 年4月発表の高速 CMOS シリーズであり、世界で初めて CMOS で TTL と同等の速度を実現したことを謳っていました。
電気的特性は 74HC と 4000B のちょうど中間くらいになっています。
TC40H000P はアンバッファなのでリニア的応用にも使いやすい IC です。

TC74HC00P/1986
初代ロゴ

TC74HC139AP/1991
2代目ロゴ

TC74HC138AP/1994
3代目ロゴ

TC74HC00AP/2010
現行ロゴ。TC74HC00AP は、上の A 無し TC74HC00P よりすこし高速になっています。

Hitachi (-2003) / Renesas

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
HD2500P (1960s/70s)
HD7400P (1970s-)
HD74LS00P HD74HC00P HD14001BP -

日本の IC としてはとても頻繁に目にするメーカです。日立がモノリシック IC の製造を開始したのは 1966 年 のことで、比較的早期から TTL、MOS、ECL などのロジック IC も製造しています。

日立のデート・コードは製造年が西暦の下一桁しか表示されませんので、正確な製造年がよくわからないものもあります。以下は年代順に並べたつもりなのですが・・・。

いまや長い歴史を持つ日立半導体のブランドも消滅して、三菱・日電との合併でルネサスになってしまいました。それでも、今なお DIP のロジック IC を製造している貴重なメーカです。ところでルネサスのロゴって、パッケージには印字されないのでしょうか?

-> More

TTL

HD2503=7400/1971
HD2500 シリーズは 7400 シリーズ相当品です。このシリーズは TI のものと比較して内部回路構成が若干異なり、型番も不規則に振られています。
これは 7400 相当品のセラミックパッケージです。上側に 7400 シリーズ型番が併記されていますね。

HD2509P=7401/1971
セラミックだけでなく、当然、プラスチックパッケージもありました。

HD2503P=7400/1974

HD7410P/1979
後になって、標準的な型番の 7400 シリーズも製造しています。

HD74LS04P/1980

HD7400P/1984

HD74LS00P/1993

CMOS

HD14001BP/1984

HD14562BP/2001

HS-CMOS

HD74HC01P/
輸出向けだと思いますが「JAPAN」表記のあるパッケージもあります。

HD74HC390P/2005
ルネサスに合併して?日立マークが消えてしまいました。

Nippon Electric Co. / NEC Corp. (-2010)

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
uPB200C
uPB7400C
uPB74LS00C uPD74HC00C uPD4001BC -

NEC の半導体も 1950 年(Tr は 1956 年)からの長い歴史を持ち、IC の開発も早期(試作第 1 号は1960 年)から行っていた老舗メーカです。初期は計算機向けの DTL IC からはじまり、TTL、MOS、CMOS と多数の汎用ロジック IC シリーズを発表しています。NEC のモノリシック IC の型番 uP は「Micro Pack」の略称です。

NEC の半導体部門は 2010 年 Renesas 社に合併しています。いまのルネサスの存続会社は一応 NEC ということのようですが、同社の汎用ロジック IC は HD 型番のみ製造(日立を継承)のようなので、項目は日立に譲ります。

初期の NEC の半導体製造は General Electric (GE) 系の技術をもとにしていまるそうです。旧ロゴ(-1992)は GE 系の Western Electric のロゴに由来するそうです。

TTL

uPB211C=7470/1969
例によって、NEC の 74 シリーズ相当品の型番もまたハウスナンバです。
uPB200C シリーズは 1968 年秋に発売開始された、NEC の 2 世代目にあたる TTL シリーズです(74 シリーズ相当品ですが、内部回路的には 74H シリーズに近い)。
写真のものは 7470 互換品なので、申し訳程度に "70" と併記されています。
初期のプラスチック・パッケージは当時ありがちな変わった色ですが、何の材質でしょうか?

uPB201C=7400/1976?
uPB200 シリーズのトップナンバは 7400 相当品です。オリジナルより大食いですが…

uPB201D=7400/1973?
こちらは一般的なセラミックパッケージです。セラミックパッケージにも、確認しているだけで 3 タイプのパッケージが存在するようです。

uPB2S00D=74S00/1977?
これは 74S00 相当品、NEC 独特の黒塗り CDIP パッケージです。上面の写真なので足が見えませんが、もちろん金メッキとなっています。

uPB2S00D=74S00
あまり見かけませんが、こういう蓋付き CDIP の TTL IC も存在します。

uPB7410C (uPC202C)/1977?
後年の製品では、ハウスナンバ(uPB202) より先に規格ナンバ (uPB7410C) が表記されています。

uPB205D=7440
ときどき品番に -A などのサフィクスがみられます。日立製 IC などにも同様のサフィクスがありますが、これは故障率のランクを意味するものだと思います。同様に -T のサフィクスも存在しており、これは電電公社認定品だと思いますが、詳細は資料がなく不明。

uPB2H04D
これは 74H04 相当品、のはずです。

uPB74LS04C/1978

CMOS

uPD4050C/1980
「B」無し品、これはどこかの OEM かもしれません。

uPD4001BC/1982

uPD4072BC/1996
新ロゴ

HS-CMOS

uPD74HCT04C/1987

Mitsubishi Electric (-2003)

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
M5300P(1960s)
M53200P(1970s-)
M74LS00P M74HC00P M4001BP -

三菱半導体は国内他社と異なり Westinghouse の技術をもとにしており、初期の IC はモレクトロンと称していました。→当時の広告
2013 年以降は Renesas 社となりますが、同社の汎用ロジックは HD 型番なので、三菱半導体の汎用ロジック IC には終止符が打たれた形となります。
初期には独自の TTL シリーズとして M5300P シリーズを製造していましたが、これはオリジナルの SN74N と比較して、ピン配置や内部回路構成が異なります。
ものの本には SN74N 相当品として書かれているので、上表にも乗せておきます。

TTL

M5340P
M5340 は 7400N の相当品ですが、ピン配置が異なります。また、長さ方向が他社製よりちょっと短い(17.7mm)です。
3 桁のロット No は資料を見る限り 60 年代の「モレクトロン」製品と思われます。このころの三菱製 IC は味のあるパッケージです。

M53293P=7493N
後年の三菱の スタンダード TTL (SN74N 相当品) は、M532xxP という型番です。
2桁番台はまだいいのですが、3桁番台になると型番がちょっとややこしくなります。

M5340P/1973?

M74LS00P/1980?
この頃に他社製品とほぼ同じ長さのパッケージが一般的になります。

M74LS00P/1982
これ以降ほとんど印字フォーマットに変化がありません。

HS-CMOS

M4030BP/1984

HS-CMOS

M74HC74P/1990

M74HC157P/1995

Fujitsu Ltd.

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
MB400 MB74LS00 MB74HC00 MB84001B -

富士通は 1966 年 から IC の製造を開始しており、その初期から TTL ロジック IC を製造しています。MB から始まる型番は Micro Block (固体回路)の略です。78 年ごろまで使用の旧ロゴの TTL IC も存在するはずなのですが…?

同社の 4000B シリーズ相当品(MB84000B シリーズ)は、普通の 4000B ファミリと少し電気的特性が異なります。

TTL

MB74S37/1980

MB604=74H30/1980
MB600 シリーズは MB400 シリーズの高速版という位置づけで、TI の SN74H シリーズと同一の内部回路でした。

MB403=7430/1979
MB400 シリーズは 富士通の 74 シリーズ相当品で、産業用途に使用されたせいか 90 年代まで製造されていました。MB403 は 7430 相当品です。ハウスナンバかつ 74 シリーズの型番が印字されていないので、知っていないとわかりません。

MB74LS00/1990

CMOS

MB84050B/1979

MB84014B/1985

HS-CMOS

MB74HC04P

Matsushita Electronics (Panasonic)

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
(FJ Series) DN74LS00 MN74HC00 MN4001B -

松下の TTL シリーズの製造は東芝・NEC などの他社よりも後になっています。初期の TTL 製品として FJ シリーズが記録されていますが、これは松下と関係のあった Mullard/Philips の OEM です。他の松下製品と同様に「ナショナル」ブランドを使っていた時期があります。

特徴的なのがパッケージで、外枠と内側がはっきり分かれており、数字の「7」のフォントも 1 画目を入れる「日本仕様」となっています。ちなみに 7 の 1 画目を入れるのは日本とヨーロッパだけのようで、本サイト上の「世界のロジック IC」 を見るとその傾向が良くわかります。

同社の 74HC シリーズは少し独特で、動作範囲が 1.4 - 6.0V と広く保障されていたりします(他社は 2.0 - 6.0V)。また、古い MN74HC04 はアンバッファタイプですが、新しいものはバッファタイプとなっています。

昔の松下製 TTL は DIP のパッケージが他社より大きく(特に DIP16P; 写真参照)、ゆえにスペースによっては代替できないことも…。


写真:松下 DIP16 と他社 DIP16 の比較。

TTL

DN74LS55/1983

DN74LS139/1984
松下独特の、製造番号の上線・下線や点は何を意味しているのでしょうか?

DN74LS112A/1985
輸出向けでしょうか、「JAPAN」表記のあるパッケージも見られます。標準的なサイズの DIP16 パッケージに変わっています。

DN74LS191/1989? 

DN74LS138/1993

CMOS

MN4013B/1982

MN4584B/1990

HS-CMOS

MN74HC221/1987

MN74HC368/1989

MN74HC366

JEOL(Japan Electron Optics Laboratory; 日本電子)

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
JIC300P - - - -

日本電子は電子顕微鏡を中心に製造するメーカですが、1960 年代後半からの一時期、自社でロジック IC を製造していたことがありました。これらの IC は自社製品の電子計算機に使われ、分析装置・産業機器等に組み込まれて販売されたのみで、単体では市場に流通しなかったようです。DTL の JIC200P シリーズと、74 シリーズ互換の TTL JIC300P シリーズが存在します。大きくロゴを据えたパッケージに日本電子の技術者の誇りを感じます。

TTL

JIC312P=7473
読者様より、ご友人が所有されているとのことで上掲 IC の写真を送っていただきました。ありがとうございます。
まさか新品が現存するとは思いませんでした。 写真1 写真2 / 二次利用は厳禁です!

OKI Electric Industry (-2011)

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
MSL1200RS N/A MSM74HC00RS MSM4001RS
MSM4001BRS
-

沖電気工業の IC 製造は 1965 年からの古い歴史を持ちます。創業も 1881 年と非常に古く、日本最初の電気通信会社として知られます。身近なところだとマルス(JR の通信端末)の製造でしょうか。半導体関係は現在のラピス・セミコンダクタに当たり、ROHM 傘下で高度な LSI を中心に製造していますが、こうした汎用の IC を製造していた時期もありました。

他にオリジナルのシリーズとして、pMOS の MSM100 シリーズ、CMOS の MSM500 シリーズや TTL の MSL1200 シリーズなどが存在しました。MSL1200 シリーズは実質的に TI の 74 シリーズ TTL を手本にしたようで、一部品種には TI 型番も併記されているので、このページではセカンドソースとしています。70 年代には沖電気の CMOS は一般市場に多く出ましたので、とくに 4000 シリーズでは見る機会の多いメーカです。

TTL

MSL1201RS=7400/1972

MSL1200A=7404/1978

CMOS

MSM4002RS/1977

MSM4073RS/1980

MSM4073BRS/1982

MSM4054BRS/1991

HS-CMOS

MSM74HC00RS/1986?

ROHM / Toyo Dengu

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
- - BU74HC00
(XRU74HC00)
BU4001BC
(XRU4001B)
-

もともと抵抗器メーカで、旧社名は東洋電具製作所といいました。ROHM の意味は R.Ohm いわば、「抵抗・抵抗」社です。いまでは「ローム」と読みますが、昔の資料には「アール・オーム」とあります。

記録によると、IC の製造開始は 1969 年にさかのぼります。当初は民生用アナログ中心のラインナップですが、CMOS 技術が普及してくると 4000B や 74HC のセカンドソース供給を始めます。実は今でもわずかな種類のロジック IC を製造しています。

CMOS

BU4094BC

XRU4538B
詳しくはわかりませんが、XRUxxxx 型番も製造していたようです。実はアナログIC でも同様 (BAxxxx -> XRAxxxx) 。

BU4066BL
珍しい ZIP パッケージの 4000B シリーズなんてのも。

HS-CMOS

BU74HC00

New Japan Radio (New JRC)

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
- - NJU74HC00D NJU4001BD -

新日本無線は 1959 年にアメリカ Raytheon と日本無線の合弁で設立されたメーカです。

今でもアナログスイッチなどに限りますが、わずかな種類のロジック IC を製造しています。

CMOS

NJU4011BD/1987

HS-CMOS

NJU74HCU04D/1988

Tokyo SANYO Electric (-2011)

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
LB3000 - LC74HC00
MLC74HC00
LC4001B(1980s)
MLC4001B(1990s-)
-

元サヤで親会社は松下に吸収されましたが、半導体社は紆余曲折の末 ON セミに吸収されてしまいした。不遇の会社です。もと東京三洋で、ほかに鳥取三洋があり、オプトエレクトロニクス系はそちらだったと思います。

三洋 IC といえば松下と同様、ラジオやテレビなどオーディオ系のアナログが有名でしょうか。1999年でこのような汎用ロジック IC はほとんどディスコンになっています。

CMOS

LC4066B

LC4001B
三洋旧ロゴ。洋が3つで三洋。

LC4071B

MLC4584B/1990/JPN
1988-1990 の間に、プレフィクスが "LC" から "MLC" に変更になっています。("LC" のディスコンは 1991年。)
製造コードが Motorola 日本製のそれと同じなので、Motorola (or 東北セミコン) により OEM されていたものだと思います。
この OEM は 1999 年まで続きました。
プレフィクス先頭の "M" は Motorola の頭文字からとられたのでしょうか。

HS-CMOS

LC74HC32

MLC74HC365/1992/JPN

SHARP

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
- - LR74HC00 - LR40H000

液晶で有名なシャープですが、IC の製造は 1970 年からで、どちらかというと専用 IC が多い印象があります。IC では Z80 互換品でおなじみでしょうか。80年代から 90年代にかけての一時期、74HC などの汎用ロジックを製造していたのですが、これらはあまり見かけません。

HS-CMOS

LR40H032

LR74HC175

LR74HC161/1987

References

External Links