Menu

My Works
- TTL Pong
- Simple AVR DDS
- DSP プリセットラジオ
- 電動式 CVCC 電源装置
- OLED MP3 プレーヤ
- 電子メトロノーム
- 簡易 SD ロガー
- etc.

Report
- MIDI のハードウェア
- aitendo DSPラジオ一覧表
- etc.

Parts Collection
- Logic ICs
- Calculator LSIs
- etc.

Blog

Recent Updates

17/08/03
- Logic IC Collection

17/06/17
- Logic IC Collection

17/04/05
- Logic IC Collection
- MSM100
- MSL1200

17/03/23
- Logic IC Collection
- 英国郵便局規格TTL

16/09/23
- Logic IC Collection
- 沖電気 MSM500 シリーズ

16/08/21
- Logic IC Collection

16/08/03
- Calculator LSIs

16/04/03
- Logic IC Collection
- Calculator LSIs

16/03/16
- Logic IC Collection
- USSR IC Logo

16/03/13
- MAX232のチャージポンプ

16/01/22
- Simple AVR DDS

16/01/19
- 中国規格ロジック IC


The Logic IC Collection

初版公開:2014/10/25
最終更新: 2017/11/19


ヨーロッパその他編 [Manufacturers in Europe, etc.]

Mullard Ltd. / Philips (-2006) / NXP Semiconductors

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
FJ Series - PC74HC00P
74HC00N
HEF4001BP -

Philips は 1891 年からの古い歴史を持つオランダのメーカですが、最近になって半導体部門は NXP -> Nexperiaとなっています。昔は Philips ブランドで半導体を製造していなかったようで、英 Mullard 社の半導体が現在の Philips 半導体の前身に当たるようです。

7400N シリーズ相当のスタンダード TTL は実質的なハウスナンバ(FJ シリーズ = Pro Electron 規格)となっています。英字3文字目が回路機能、数字 1-2 文字目がデバイス番号、3 文字目が動作温度範囲を示しています。このシリーズは英 Valvo 社、米 Amperex、仏 RTC や日本の松下などに OEM 供給された記録があります。

CMOS IC は Fairchild 社の技術がもとになっており、したがって早期の品種でも出力バッファつきとなっています。

TTL

FJJ111 = 7472/1969
Made in Holland となっています。Amperex 社向け OEM でしょうか?

FJH131 = 7400

FJH141 = 7440

CMOS

HEF4077P/1976

HEF4001BP/1981

HEF4541BP/1988

HS-CMOS

PC74HC04P/1989
初期の FJ シリーズを除くと、74HC/AC 等の CMOS シリーズのみを製造していたようです。

N74HCT20N/1997
ひとつ上の Philips と比較すると、型番規則が変更になっていることがわかります。これは、傘下に入れた Signetics 社の形式に統一したものと思います。

74HC138N/2010

SGS-ATES / SGS-Thomson (-1998) / STMicroelectronics

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
NC7400N
T102B1
T7400B1
T74LS00B1 M74HC00B1 HBF4001BE
HCF4001BE
-

マイコンなどで秋葉原でもなじみのある STMicro 社です。フランスに会社を置いていた時代は Thomson 社の資本が大きく、SGS-Thomson などという社名でした。STMicro と社名を変えてからはスイスに本社を置いています。ちなみに STMicro の「ST」は SGS-Thomson の頭文字です。

この会社のなりたちをたどると、フランスとイタリアの 2 つの企業に行き着きます。つまり、SGS-Thomson とは、イタリア SGS 社(SGS-ATES) とフランス Thomson 社の合弁を意味するわけです。Thomson 側の前身は Thomson-CSF と Sescosem の 2 ブランドに分かれます(次項を参照)。

TTL

T103D1 = 7410/1969
SGS は 1960年代から DTL、TTL IC を製造しています。基本的に 74 シリーズ互換ですが、初期の TTL はハウスナンバです。

T74LS253B1/1981
SGS-ATES(イタリア)時代のロゴ。

T74LS190B1/1983
SGS-Thomson (フランス)時代のロゴ。

T74LS393B1/1981?
青いです

CMOS

HBF4040AE/1979

HCF4510BE/1990

HCF4017BE

HS-CMOS

M74HC00B1/1984

M74HC595B1

Sescosem / Thomson-CSF (1969-1987)

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
SFC400E
SFC7400E
- - - -

Sescosem はフランス Thomson 傘下の半導体製造会社で、CSF 傘下の SESCO 社と Thomson 傘下の COSEM 社の合併により 1969 年設立されました。イタリア SGS 社との合併で SGS-Thomson 社の誕生に伴い、1987 年までに Sescosem のブランドの使用を終了しています。

SFC404E=7404/1974

SFC400LEM=54L00/1974

SFC7404E/1980
後年はハウスナンバから 74 シリーズの型番へ変更になっています。

La Radiotechnique Compelec (RTC)

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
GFB7400P - - - -

RTC はフランスのメーカで、真空管マニアには知られているでしょうが、半導体についてはほとんど知られていないように感じます。1970 年代にスタンダード TTL を製造していた記録があります。

GFB7475P/1974

Aktiebolaget RIFA

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
RD7400N - - - -

RIFA は 1942 年に設立されたスウェーデンの電子部品メーカで、現在はエリクソンの傘下に入っています。RIFA はキャパシタの製造で有名だと思いますが、若干の IC も製造していました。あまり知られていませんが、1970 年代に 74 シリーズ互換の TTL を製造していた記録があります。

RD7413N
珍しい RIFA 製 TTL IC です。パッケージを見ると NS 社の OEM かもしれません。

Siemens Semiconductor (-1999) / Infineon Technologies

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
FLH101 etc.
7400N
- - N/A -

ドイツ Siemens のディジタル IC はあまりなじみがないかもしれませんが、1980 年代まで 7400N シリーズの互換品を製造していた記録があります。1999 以降は Infineon、IR を合併してパワー半導体に力を入れています。

基本的にスタンダード TTL はハウスナンバ(FL シリーズ)となっており、英字の3文字目が機能、数字が回路を表しています。

TTL

7440N/1974
古い(〜1976 頃)TTL IC には ハウスナンバでないものも見られます。

FLJ251=74193/1978

FLH101=7400/1978

FLL121T=7447/1986

CMOS

4051BCLD/1984

ITT Semiconductors (International Telephone & Telegraph)

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
ITT7400N ITT74LS00N - - -

ITT Industries はアメリカに本部のあるグループですが、その半導体部門はドイツに置いていて、60-70 年代を中心にモノリシック IC を製造していました。スタンダード TTL は日本市場でもたまに見る機会があります。

ITT7400N/1973

ITT7400N/1974

Ferranti Semiconductor (-1989) / Zetex

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
ZN7400E - - - -

Ferranti 社はあまりなじみがありませんが、かつてイギリスに存在した電機メーカです。3 端子ラジオ IC (たとえばミツミ LMF501) のオリジナルはこの Ferranti 社です。他にも ADC や RF ミキサが有名かもしれません。その半導体部門の歴史は古く、初期(1960-70 年代)に SN74N 互換の TTL シリーズを製造していました。同社の 70 年代の PDIP は独特のパッケージです。

ZN7402E/1970

ZN7474E/1974

AEG Telefunken / Telefunken Semiconductors (1959-)

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
TL7400N - - N/A -

どちらかというと真空管で有名なドイツ・テレフンケン社ですが、半導体や IC の製造も行っていました。テレフンケン自体は 1903 年から存在し、これは AEG 社と Siemens の合弁企業に端を発しています。半導体社は 1959 年の創業となっており、Atmel ドイツ支社として活動していた時期もありましたが、現在は TF Semiconductor となっています。ドイツ・ハイルブロンに本部を置いています。

TL7460N

TL7428N/1973

TL7494N/1973
Signetics の OEM でしょうか?

TL74122N/1976

RS Components

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
7400 74LS00 - 4001B -

あの RS コンポーネンツです。70 年代より RS マークのついた IC を販売していました。セカンドソースの多い汎用 IC の在庫管理の関係でしょうか。後期のものはおなじみの RS ロゴ入りになります。

1977

1979
背面には UK 製の刻印がありますが、RS の袋ではシンガポール製となっていました。

1980


これは Motorola 製だと思います。

1978
Philips 製 OEM


この IC は黒色の塗料を塗ってから型番を印字しているようにみえます。

Integral

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
IN7400N IN74LS00N IN74HC00AN IW4001BN
(IN4001AN)
-

Integral はベラルーシに所在する IC メーカで、もと旧ソ連の Integral 工場であり、現在でも存続しています。ロジック IC は多彩な(TI 社や東芝に匹敵)ラインナップを持ち、TTL、標準 CMOS のみならず ACMOS や VHCMOS、LV-CMOS まで生産しています。

ICPD74LS374P/1994
これはちょっと Integral 製かどうか、はっきりしません。

IN74HC139AN/2000

SID Microelectronica S.A.

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
- SD74LS00E SD74HC00E
- -

SID は珍しいブラジルの半導体メーカで、1984 年に設立され、80 年代中ごろにはすでにブラジル市場ではメジャーなメーカに成長しています。本部はサンパウロにあり、コンタジェン(南部の都市)に工場もあったようです。トランジスタがメインでしたが若干の汎用ロジック IC も生産していました。以下はその現物です。

SD74LS257E/1993
プラスチックのパッケージは SID オリジナルで、1 ピンの表記と裏側にもロゴが見えます。

External Links