Menu

My Works
- TTL Pong
- Simple AVR DDS
- DSP プリセットラジオ
- 電動式 CVCC 電源装置
- OLED MP3 プレーヤ
- 電子メトロノーム
- 簡易 SD ロガー
- etc.

Report
- MIDI のハードウェア
- aitendo DSPラジオ一覧表
- etc.

Parts Collection
- Logic ICs
- Calculator LSIs
- etc.

Blog

Recent Updates

17/08/03
- Logic IC Collection

17/06/17
- Logic IC Collection

17/04/05
- Logic IC Collection
- MSM100
- MSL1200

17/03/23
- Logic IC Collection
- 英国郵便局規格TTL

16/09/23
- Logic IC Collection
- 沖電気 MSM500 シリーズ

16/08/21
- Logic IC Collection

16/08/03
- Calculator LSIs

16/04/03
- Logic IC Collection
- Calculator LSIs

16/03/16
- Logic IC Collection
- USSR IC Logo

16/03/13
- MAX232のチャージポンプ

16/01/22
- Simple AVR DDS

16/01/19
- 中国規格ロジック IC


The Logic IC Collection

初版公開:2014/10/25
最終更新: 2017/06/24


 

アメリカ編 2 [Manufacturers in Northern America Part.2]

Part.2 ではどちらかというとマイナなメーカを集めています。

Teledyne

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
- - - - MM74C00N

Teledyne 社は NS 社 MM74C シリーズの数少ないセカンドソース供給元でした。CMOS IC 普及前の1970 年代の一時期に留まり、とうとう CD4000 シリーズは製造していないと思います。

MM74C02N/1975

Western Electric / AT&T

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
- WA-LS00 - - -

Western Electric 社の TTL は外販されなかったのであまり知られていませんが、同社オリジナルの 41xx シリーズと 74LS 相当の WA-LSxx シリーズが存在します。AT&T のコンピュータなどに採用例があります。

WA-LS00 = 74LS00 / 1982

WA-LS74 = 74LS74 / 1979

LS166 = 74LS166

Sprague Electric / Solid State Scientific (SSS) / R&E International

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
USN7400A
US7400A
N/A SS74HCxxE SCL4001BE SCL4400

Sprague Electric として 1965 年に米国マサチューセッツの工場を稼動させ、早期から IC の生産を開始しています。70年代は Solid State Scientific という社名であり、日本にも代理店があったので比較的よく目にするメーカだったのではないかと思います。後期 Sprague Electic のロゴは「A」(丸に2)の意匠で、知らないと絶対にわかりません。なお日本語での読みは「スプレーグ」です。

CMOS では SSS 社オリジナルの SCL4400 MSI シリーズも生産しています(Motorola MC14400 とは異なる)。

Sprague 自体は 1990 年にサンケン電機に買収された後、Allegro MicroSystems という社名で半導体を製造しています。

4000B シリーズは R&E International という会社に引き継がれていたようです。こちらの会社は、現在は Microchip の子会社となっています。

TTL

US7400A/1970
初期は "Sprague Electric" の社名でした。1 番ピンが右上にあります。

US7442A/1971

US7473A/1974
後期の金メッキでない製品ですが、相変わらず右上が 1 番ピンのままです。

CMOS

SCL4041AD/1973
"Solid State Scientific" 時代のロゴ。これは金封止の特殊パッケージ品です。

SCL4023ABE/1975

SCL4006BE/1985
後期 "Sprague Electric" 時代のロゴ。

SCL4013BE/1993
"R&E International" 時代のロゴ。

Raytheon

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
7400N 74LS00N
RC74LS00N
- (N/A) -

Raytheon 半導体部門は OPAMP の RC4558 などで有名ですね。

TTL

7486J/1976
Raytheon の TI 系 TTL というのは珍しい気がします。

74LS00N/1978

CMOS

RZ4066BD/1992
これは「RAY」とありますが、謎の IC です。パッケージを見る限り明らかに JRC の 製造品です。カタログにはありませんので、おそらく OEM あるいはカスタムで製造されたものでしょう。

AMD(Advanced Micro Devices)

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
SN74xxN SN74LSxxN - - -

AMD はもともと FSC からスピンオフされた会社で、いくつかの MSI の TTL IC も製造していました。もともと Fairchild の 9300 シリーズ互換 MSI を製造していて、これが 74 シリーズに取り込まれたため、AMD も型番を改めたというところでしょうか。

1977

1977
同年製造の同一 IC なのにパッケージが異なります。

Transitron Electronics

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
SN7400N/
TG7400E
TF74xxE
TD74xxE
etc.
- - - -

Transitron は半導体の初期からある製造会社で、初期はダイオードの製造から開始した後、TI 社のトランジスタのコピー品で名を馳せ、1966 年に Sylvania SUHL シリーズのセカンドソースの製造をはじめるようになります。これが Transitron の IC 生産のはじまりでしたが、あまり長くは続かなかったようです。秋葉原で小売されるなど、日本にも相当数入っていると思います。

一見すると東芝製と間違えそうなロゴと型番です。プレフィクスの法則がちょっと変わっていて(Sylvania の SUHL と同様)、ゲートが TG74xx、FF が TF74xx、デコーダが TD74xx ... などとなっています。

1969

1973

1973

1974
後になると、SN 型番のものも存在します。

Sylvania Electric Products / Sylvania ECG

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
SG74xx
etc.
- - - -

Sylvania は米国マサチューセッツの企業で、集積回路では世界最初の TTL シリーズ(SUHL I/II)を販売したことで有名です。TI 系の 7400 互換 TTL も製造していました。後に Sylvania ECG として、アメリカで保守用の半導体製品を販売するようになります。

プレフィクスの法則がちょっと変わっていて、ゲートが SG74xx、FF が SF74xx、デコーダが SD74xx ... などとなっていますが、これは SUHL I/II の法則を引き継いだものです。

SG7460N/1970?
ややこしいことに、向かって右上が 1 番ピンで、"N" なのに Ceramic DIP です。型番の印刷ミスではなく、データシートの図面でも右上が 1 番ピンとなっています。

SF7472N/1971?

1982/IDN
Sylvania ECG の製品。同社は後に Philips 傘下になり Philips ECG となります。パッケージを見る限り Fairchild の OEM のようです。 

NTE Electronics, Inc.

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
NTE7400 NTE74LS00 - NTE4001B -

NTE Electronics は製造中止となった半導体部品を中心に製造する、1979 年創業の独立系メーカです。同種のメーカに Sylvania ECG、RCA (SK シリーズ) 、Workman などが存在します。ラインナップに TTL や 4000 シリーズの CMOS も入っているので、ここで紹介する次第です。

1960 年代に製造された日本の IC まで製造しており、驚くことがあります。

1988? 

Stewart-Warner (1964-?)

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
SW7400
SW7400N
- - - -

古くから半導体を製造していた Westinghouse 社からのスピンオフということらしいです。見ての通り、パッケージにまるで統一感がありません…。

1971
初期の金メッキ品です。

1972

1973

1973

Semi Processes, Inc. (SPI) / TOPAZ Semiconductor

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
- - SP74HC00N - SP74SC00N

SPI は小さな会社だったようで、インターネット上の資料によると 1981 年当時で従業員わずか 45 名となっています。かなり早期から 74HC シリーズを生産していたようです。
主に SPI と MITEL、GTE が生産していた 74SC シリーズですが、これは入出力特性が LS 互換の CMOS シリーズで、LS244 など IF 用途の TTL IC の置き換え用に開発されたもののようです。
以下の写真は普通の HC シリーズです。

1983/SGP

1983/SGP

1984/KOR

Siltex International, Ltd. (-1976)

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
- - - SIL4001BE -

Siltex はカナダのケベック州ブロモントにあった企業で、70 年代に通工用 IC のほか、4000B シリーズのCMOS IC も製造していました。CMOS IC が価格破壊すると苦しくなったのか、1976 年に破産して一部は MITEL 社に引き継がれています。

1974
カナダの会社らしく Maple Leaf のロゴが見えます。

1974

MITEL Semiconductor

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
- MD74LSxx (MD74HCTxx) - MD74SCxxAE

Mitel 社は 1972年創業のカナダの企業で、通信工業用 CMOS IC を中心に製造しています。上記 Siltex 社の買収が MITEL 社の半導体製造のスタートとなりました。同社の IC には PDIP もあるようですが、通工用をメインとしているため、市場で見かけるのは Ceramic DIP が多いです。
同社の MD74SC シリーズは、比較的早期に登場した 74 シリーズピンコンパチの CMOS ロジックファミリです。74HC シリーズのさきがけともいえるシリーズで、ISO-CMOS いう愛称の高速 CMOS プロセスで製造されていました。入出力が TTL 互換となっているので、HCT 相当といえるでしょうか。

1983

1983
このシリーズは、残念ながら PDIP は所有していません。

Diodes Incorporated

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
- - (74HC164D14) - -

Diodes といえば社名の通りダイオードや MOSFET などディスクリート半導体を主に製造する企業ですが、2010 年頃から CMOS ロジック IC を新たにラインナップに加えています。ほとんどは SOP もしくは SSOP のパッケージなので本ページの対象外だったのですが、なぜか唯一 74HC164 のみ DIP パッケージでも製造されています。

2014/PRC

Solitron Devices Inc.

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
- - - (CM4001AE) -

B シリーズ登場以前に汎用 CMOS IC を製造していたメーカです。日本に販売代理店(松下)があったおかげで、70 年代には比較的良く見かけたのではないでしょうか。ロゴが似ていますが Synertek とは別の会社。

年代不明

1974

Universal Semiconductor

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
- - (US74HCTxx) - -

Universal Semiconductor は 1978 年に設立された、カリフォルニアの会社のようです。詳しいことはよくわかりません。

1985/TPE

AVG Semiconductors

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
DV7400N DV74LS00N N/A - -

AVG は米国の企業なのですが、半導体工場はベラルーシのおそらく Integral であり、その関係か同社の標準ロジック IC をラインナップしています。 ソ連製半導体のロゴは別に紹介しています。


Amperex Electronic

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
FJ Series - - - -

Amperex は真空管等の製造で知られるアメリカの会社です。60 年代に Philips からの OEM で真空管や半導体を販売するようになります。以下は Philips FJ シリーズの OEM で、ロゴから察するに Amperex の製品ですが、資料がないので詳細不明です。

FJJ111/1969DA

Data General

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
(100000003) - - - -

Data General 社はミニコンを製造していましたが、その回路素子として同社ハウスナンバのデジタル IC が使用されています。機能的には 74 シリーズ TTL を含む汎用 IC であり、クロスリファレンスによるとたとえば 7400N は 100000003 (IC 印字は 003 と表記) という型番になります。

100000050 = 7475N/1981

Zytrex (1981-1988)

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
- - (ZX74HCTxx) - ZX74HCTLSxx

Zytrex はカリフォルニアにあった CMOS IC 製造会社で、同社の CMOS ロジックである 74HCTLS (他社の HCT 相当) / 74AHCT (他社の AC 相当) シリーズは韓国 Samsung に OEM 供給されていました。

1984

1984

GTE Microcircuits / GTE Products

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
- - G74SCxxP - -

GTE Microcircuits は早期から高速 CMOS による汎用 CMOS(G74SC シリーズ)を製造していた会社のひとつです。おおむね他社の 74HC シリーズの相当品です。

1984

Maxim Integrated

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
- - - (MAX40xxCPE) -

主にアナログ IC を製造している Maxim 社は、汎用ロジック IC を製造していません。CMOS ロジック 4000 シリーズにはアナログスイッチが含まれます。そういうわけで Maxim 社のラインナップをよく見ると、4000 シリーズの型番でピンコンパチ品がありました。ちょっと迷いましたが本稿で紹介することにします。

MAX4051CPE/1996

Integrated Device Technology (IDT)

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
- - - - IDT74FCTxxP

IDT は 1980 年に設立された会社で、不定積分のロゴが何ともクールです。同社は "FCT CMOS" という名称のシリーズをラインナップしており、周辺回路に用いられる高速バスバッファやデコーダ、カウンタ等が中心のラインナップです。

この 74FCT シリーズは入出力が TTL 互換の高速 CMOS (BiCMOS) シリーズです。出力電圧レンジを TTL レベル (3.3V max.) に抑えているのは、スイッチング時のスパイク電流の減少を意図したものです。

このページの IDT 以降はこうしたバスバッファのみをラインナップしている会社です。

1991

1994

Quality Semiconducor, Inc.

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
- - - - QS74FCTxxP

 IDT の前身にあたるようです。FCT シリーズはどちらが先かよくわかりませんが、QS 社のデータシートには [Now an IDT Company] とあります。

Supertex, Inc.

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
- - 74SCxxP - -

現在は Microchip の一部。

1983

VTC Inc.

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
- - - - -

VTC は 1984 年に設立されたミネソタの会社のようです。ACMOS などの高速バスバッファのみラインナップしていました。

1987

Performance Semiconductor

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
- - - - P74PCTxxxPC

Performance Semiconductor は 1984 年に設立されたカリフォルニアの会社です。高速バスバッファのみラインナップで、サフィクスが速度を表しています。現 Pyramid Semiconductor。

1989

Monolithic Memories, Inc. (MMI)

オリジナル SN74N 74LS 74HC 4000B/4500B Orig.
型番
(PDIP)
- SN74LSxxN - - -

MMI は FSC からのスピンオフで、1969 年創業の会社です。同社の最も有名な製品は PAL でしょう。社名の通り メモリ関係を得意としていたようです。1987 年に AMD に併合された後、1997 年に Vantis として分離され、最終的に現在は Lattice に併合されています。

1984/KOR

External Links