Menu

My Works
- TTL Pong
- Simple AVR DDS
- DSP プリセットラジオ
- 電動式 CVCC 電源装置
- OLED MP3 プレーヤ
- 電子メトロノーム
- 簡易 SD ロガー
- etc.

Report
- MIDI のハードウェア
- aitendo DSPラジオ一覧表
- etc.

Parts Collection
- Logic ICs
- Calculator LSIs
- etc.

Blog

Recent Updates

17/08/03
- Logic IC Collection

17/06/17
- Logic IC Collection

17/04/05
- Logic IC Collection
- MSM100
- MSL1200

17/03/23
- Logic IC Collection
- 英国郵便局規格TTL

16/09/23
- Logic IC Collection
- 沖電気 MSM500 シリーズ

16/08/21
- Logic IC Collection

16/08/03
- Calculator LSIs

16/04/03
- Logic IC Collection
- Calculator LSIs

16/03/16
- Logic IC Collection
- USSR IC Logo

16/03/13
- MAX232のチャージポンプ

16/01/22
- Simple AVR DDS

16/01/19
- 中国規格ロジック IC


電子メトロノームの製作

初版公開:2014/09/23
最終更新: 2015/01/07


楽器を演奏するとき、テンポキープが苦手でしばしばテンポが加速してしまいます。そういうわけでメトロノームがほしくなったのですが、簡単に作れそうなので、自作することにしました。

7セフ LED のデジタル表示により BPM (Beat Per Minute) が直読・設定できます。ポケットサイズなのでなにかと便利です。


(外観)


(内部)

Specification

Downloads

How To Operate

Details

MCU は別に何でもよかったのですが、8bit AVR シリーズより ATtiny26L を使っています。
今回も ROM 容量はいっぱいになってしまいました。

水晶発振子と内部 24bit 演算で、メトロノームとしてそれなりに正確な BPM を刻みます。

ロータリーエンコーダの処理ルーチンは、そこそこまともだと思います。
(少なくともそのへんのキットよりは・・・)

今回 7セグ LED には、オレンジ色のものを使ってみました。視認性が良く、オリジナリティが出せるのでおすすめです。

VR1 は圧電サウンダの音量調整です。音量を上げるためチャージポンプを使っていますが、無くても良いかもしれません。圧電サウンダには、標準的な 4kHz 付近に共振するものを使用してください。

せっかく LED とブザーがあるので、おまけ機能として 99分までのキッチンタイマ機能も付けてみました。